Menu

フリーランスと企業勤めのギャップ

エンジニアが企業に勤めていた状況から、独立してフリーランスを始めたときに感じるギャップには、様々なものがあります。代表的なのが仕事の獲得を必要とすることであり、やるべきことが与えられていた状況から一転することで戸惑うことも稀ではありません。
独立する前から自分で仕事を獲得しなければならないことはわかっていても、意外に仕事を獲得することができず、苦労することも多いです。転職エージェントを利用できるので状況は改善されつつありますが、依然として能力によって仕事の獲得は大きな課題となるため、注意した方がいいでしょう。
一方、開発業務にばかり携わっていられない状態になるのも、ギャップとして感じることがあります。開発に関わるもの以外にも事務作業や営業といった、様々な業務があるのがフリーランスの特徴となっているためです。自分で仕事場を整えたり、そのためにかかった費用を必要経費として帳簿につけたりしなければいけません。
また、フリーランスをしていると、企業に勤めていたときには受けられていた教育の機会がなくなるため、自分でIT業界の事情について調査をしたり、スキルアップのためにセミナーに足を運んだりすることも重要になります。独立をしてから、想定していた以上に業務が多いことに気づくこともあり、慣れるまでは苦労を伴うでしょう。ですが、独立した当初はギャップの大きさに悩まされていた人も、徐々に慣れていくことで一人前のフリーエンジニアとして働けるようになります。