Menu

ワークライフバランスを充実させやすい

エンジニアが独立してフリーランスで働くメリットとして、ワークライフバランスを充実させやすい点が挙げられます。フリーランスはクライアントから案件を手に入れて、その依頼内容を遂行することにより報酬を受け取る働き方です。契約をしたときにどのように働くかは、クライアントとの交渉によって決めることができます。
企業に勤めていた頃には就業時間が厳密に拘束されており、残業を命じられる場合もあるでしょう。しかし、フリーランスの場合には、交渉次第で就業時間の枠を撤廃してもらうことも可能であり、それだけではなく請負案件のように就業時間の定めがない案件もあるため、自由度が高くなっています。
一方、業務内容についても、企業では上層部の決定に従うのが一般的です。ですが、フリーランスの場合は自分で案件を比較検討して選べる立場になるので、やりたい仕事にだけ従事していくこともできます。依頼内容に不満があるときにはクライアントと交渉をして、それで納得できないのであれば他の案件を選ぶといったことも可能です。
また、ワークライフバランスという観点から、プライベートの時間を確保しやすいのも魅力でしょう。エンジニアは単価を高く設定できるので、労働時間が短くても生計を立てられる程度の収入を手に入れられる可能性が高いです。特に、スキルやキャリアが十分なエンジニアの場合は高単価の案件を請け負うことができ、パートと変わらないような労働時間で十分に稼げることも珍しくありません。